ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

8月7日

◯梅雨明けから連日、気温35度、湿度70%の天気が続いています。くれぐれもお体、ご自愛ください。

◯上の写真、近くのクヌギ公園のアキニレの大樹の幹。
アキニレは一見、ケヤキに似た木ですが、鱗のような樹皮の形はケヤキの樹皮よりも丸っこく、簡単に剥がれます。
ジグゾーパズルの断片みたいで、中には地図の琵琶湖や栃木県や渋谷区のような形をしてるのもあって面白い。エッシャーの版画にもそんな図柄ありました。
黒々とした模様は、強い日差しを受けた葉の影。細い枝がときどき風に揺れて影が動く。そういえば、今年は蝉の数が少ないように感じます。真夏なんですね

ブログを更新しました。「野鳥の羽を集める」(8/1)、「バングラデシュのブーゲンビリア」(7/11)、「下谷「坂本富士」のお山開き」(7/2)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

セプタリアン(2)

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


卵のような石の断面に白い奇妙な絵模様が見えます。これは方解石の結晶で出来た模様です。
本品は、大きめの石を輪切りにしたもので、まずサイズとしてインパクトがあります。写真の端にある100円硬貨と比較するとサイズ感が分かります。
周りを囲んでいるチョコレート色の層と淡いベージュ、黒の変化がとっても幻想的。石の中の世界をイマジネーションを膨らませて眺めると、いろいろな見立てができて楽しいです。

セプタリアンという名前の鉱物で、太古の海洋生物の化石を核にして泥などの堆積物が球状に固まったものです。模様は、球状の塊の隙間に方解石が染み込み、内部で結晶質が成長したもの。

産地/モロッコ
上下7.7センチ、左右11.5センチ
重量/256グラム