ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント(古木)(2) 香木

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


ペルー北西部のコラレス・ツンベスで見つかった自然に朽ちて倒れたパロサントの古木。樹齢 110 年と推定されています。コラレス・ツンベスは、エクアドル国境に近いアマゾン地域にあります。
 住民の祈りの儀式の後、香木としてカットされました。このパロサントは、そのひとつです。香りの油脂成分がたくさん含まれているので、木質が密で、手で持つと普通のパロサントに比べ重めです。パロサントの表面からも特徴ある爽やかな香りが濃密にします。
重量:10グラム   
長さ:11センチ