ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

カルサイトの「バベルの塔」SOLD OUT

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


 伝説の聖なる山、あるいはバベルの塔を想わせるカルサイト(方解石)。中央の山、さらにひとつひとつの小山が、犬の牙に似た形の犬牙状(けんがじょう Dogtooth spar)結晶で出来ています。
 自然の結晶で、人の手で作られたものではありません。初めて見たとき、シュールな物語「類推の山」を連想しました。
 カルサイトは石灰岩を構成する炭酸カルシウムの鉱物。石英,水晶と並び、最もありふれた鉱物のひとつですが、結晶の形がいろいろな変化に富んでいる。このカルサイトは、岩盤の表面にたくさんの結晶が付着した破片ですが、眺めていると異世界の山のように見えてくる、そんな見立てが面白いです。

○産地/ドイツ 重量/254グラム 左右/9.5センチ 高さ8.5センチ