ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

地球で最初の生命体(化石)/ストロマトライト

1,500円

販売価格

1,500円

購入数


今から約46億年前に地球が誕生しましたが、 太古の地球は、酸素のない惑星でした。 約30億年前、水中に光合成をする原始的な藻のような生命体(シアノバクテリア/藍色細菌)が現れ、その活動により空気に酸素が含まれるようになる。そして、その酸素をエネルギー源にした生物が生まれ、植物、昆虫、魚、両生類、爬虫類、ほ乳類と多様な進化を遂げ、人間もまたその中に含まれています。

そんな生命の歴史を見ていくと、 シアノバクテリア は、全ての命(いのち)の源ということができる。この岩石(ストロマトライト)は、シアノバクテリア が層状に堆積した化石です。 母岩は泥岩で、断面に見えるドーム型の縞模様は、ストロマライトの成長過程を示しています。

この岩石を手にすると、遠い、遠い、遥か何十億年過去に遡る、自分自身(人間)の「祖先」であることを想像すると、その時間のとてつもない長さに、不思議な感慨が湧いてくる。
特別きれいな鉱物、ユニークな造形の化石というわけではないですが、例えば、テーブルや机、本箱の片隅に、地球の最初の生命、全ての生命の源が置いてあるって・・・少し変わってますが、でもなんか楽しく面白い。

長さ /約7 センチ、幅 /約3.4 センチ、高さ/約3 センチ
重さ / 80 グラム
時代:先カンブリア時代(27億年前)〜古原生代( 16 億年)
産地:ボリビア 、ウユニ塩原