ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

地球で最初の生命体(化石)/ストロマトライト SOLD OUT

1,500円

販売価格

1,500円

購入数


今から約46億年前に地球が誕生しましたが、 太古の地球は、酸素のない惑星でした。 約30億年前、水中に光合成をする原始的な藻のような生命体(シアノバクテリア/藍色細菌)が現れ、その活動により空気に酸素が含まれるようになる。そして、その酸素をエネルギー源にした生物が生まれ、植物、昆虫、魚、両生類、爬虫類、ほ乳類と多様な進化を遂げ、人間もまたその中に含まれています。

そんな生命の歴史を見ていくと、 シアノバクテリア は、全ての命(いのち)の源ということができる。この岩石(ストロマトライト)は、シアノバクテリア が層状に堆積した化石です。 母岩は泥岩で、断面に見えるドーム型の縞模様は、ストロマライトの成長過程を示しています。

この岩石を手にすると、遠い、遠い、遥か何十億年過去に遡る、自分自身(人間)の「祖先」であることを想像すると、その時間のとてつもない長さに、不思議な感慨が湧いてくる。
特別きれいな鉱物、ユニークな造形の化石というわけではないですが、例えば、テーブルや机、本箱の片隅に、地球の最初の生命、全ての生命の源が置いてあるって・・・少し変わってますが、でもなんか楽しく面白い。

長さ /約7 センチ、幅 /約3.4 センチ、高さ/約3 センチ
重さ / 80 グラム
時代:先カンブリア時代(27億年前)〜古原生代( 16 億年)
産地:ボリビア 、ウユニ塩原