ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月19日

◯この間、品切れになっていました「アグア・デ・フロリダ 」(50ccボトル)が再入荷しました。南米ペルー産です。
フローラルで清らかな香り、これは伝統的な製法で作られています。ローズ、オレンジフラワー、ラベンダー、 レモンなど8種類のナチュラルな成分のブレンドです。
トップページの「おすすめ商品」をご覧ください。

 ◯世田谷の駒沢公園通りの弦巻1丁目24の十字路から東を向くと、スカイツリーが小さく見えます。
写真(拡大しています)だと、建物の向こうに見えるだけで、なんということもないのですが、このあたり、スカイツリーから18キロぐらい離れていて、間に渋谷や六本木、大手町、都心があって、地上から直に見える隙間はここだけ。
ここは奇跡的というか、稀有なスポットです。
・・・でも、こんなことに盛り上がってるのは自分だけのようで、見事にみんな無関心。それでも、晴れた日はいつも立ちどまっては眺めています。

ブログを更新しました。「アブサンと「緑の妖精」の秘密」(5/22)、「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ウード・アレージ(伽羅のバラ精油漬け)

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


 ドバイの香の店で見つけた香木の伽羅(きゃら)に薔薇(ばら)の精油などを含ませた一品です。アラビアでは香の店や各家庭ごとに、独自のレシピーでブレンドした香りを作っています。
 アラビア語でウードは伽羅、アレージは花という意味で、香木に薔薇や何種かの花の香りを漬けこんで作られています。
 かの地では、祝い事、ちょっとした催し、パーティ、結婚式などの席で、花瓶のようなサイズの香炉に入れた炭の上に、これらの香をふんだんにくべて香りを楽しみます。
 高価な伽羅を直に炊くことが贅を尽くしたもてなしの証と見なされています。サウジアラビア、イエメン、カタール、ドバイなどアラビアの香文化では、伽羅を珍重してきました。

 アラビアでは伝統的な文化が現代の日常生活にも息づいており、強く濃密な香りが好まれています。
 このウード・アレージもゴージャスで華やかな香りです。伽羅の香りと薔薇の香りが渾然一体となった至福の香りを体感してみてください。
 ナチュラルインセンスの香として聞香炉で炊く場合、1グラムの20分の1=0.05グラムぐらいの小片でも十分、香りを楽しめます。
 写真は、ふたつ合わせて計1グラム。長さ約2.5〜3センチです。
 
部位/香木(伽羅)片に薔薇などの精油に含ませたもの
重さ/1 グラム