ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月19日

◯この間、品切れになっていました「アグア・デ・フロリダ 」(50ccボトル)が再入荷しました。南米ペルー産です。
フローラルで清らかな香り、これは伝統的な製法で作られています。ローズ、オレンジフラワー、ラベンダー、 レモンなど8種類のナチュラルな成分のブレンドです。
トップページの「おすすめ商品」をご覧ください。

 ◯世田谷の駒沢公園通りの弦巻1丁目24の十字路から東を向くと、スカイツリーが小さく見えます。
写真(拡大しています)だと、建物の向こうに見えるだけで、なんということもないのですが、このあたり、スカイツリーから18キロぐらい離れていて、間に渋谷や六本木、大手町、都心があって、地上から直に見える隙間はここだけ。
ここは奇跡的というか、稀有なスポットです。
・・・でも、こんなことに盛り上がってるのは自分だけのようで、見事にみんな無関心。それでも、晴れた日はいつも立ちどまっては眺めています。

ブログを更新しました。「アブサンと「緑の妖精」の秘密」(5/22)、「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ドラゴンズ・ブラッド(竜血樹)<ソコトラ島産>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/ソコトラ島(イエメン領)

 ソコトラ島のドラゴンズ・ブラッド(竜血樹)は、リュウケツジュ属の植物で学名をDracaena Cinnabariといいます。古来、この木の樹脂は竜血と呼ばれ、きわめて高価な貴重品でした。インド洋のアラビア半島とアフリカ大陸の間に位置するソコトラ島は他では見られない特有の植物が自生し、「世界で最も地球らしくない島」といわれています。
 ドラゴンズ・ブラッドは、キノコや傘を広げたようなユニークな形をしていることでも知られています。

 乳香、ミルラとともに、1世紀に書かれた「航海記」にドラゴンズブラッドが取引がされていた記録があり、香として焚かれてきました。また、古くから薬、ニスや接着剤、染色、インク、化粧料などにも使われてきました。
 中世には願い事をかなえたり、魔術に用いるマジカルな香として、あるいは錬金術の材料として、ヨーロッパ、アラブの国々で高い需要がありました。赤い樹脂はお願いごとや祈りを届けたいとき、他の香と合わせ、焚くとよいと言われてきました。

 古来、ドラゴンズ・ブラッドは、一度にたくさんの量を火にくべるというような方法で炊かれてきました。香をミックスして焚くときに、ドラゴンズ・ブラッドを加えると、他の香の効果を増すとも言われます。
 ドラゴンズ・ブラッドは樹脂ですが、バルサム系のトルーバルサムや乳香、ミルラなどとは異なるタイプの香りです。
 少量を焚いたときの香りは、綿飴(わたあめ)、ザクロジュースにつながる繊細な香りです。香炉で炊くとき、熱ですぐに溶け出すので、銅製の銀葉を使用することをお薦めします。