ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ドラゴンズ・ブラッド<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂(パウダー状)
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島

ドラゴンズ・ブラッドという名は、幹から赤い樹脂を出す幾つかの植物につけられています。
 ソコトラ島のドラゴンズ・ブラッドはDracaena Cinnabariという学名で、リュウケツジュ属です。ソコトラ島は他では見られない特有の植物が自生することで知られていますが、キノコや傘を広げたようなユニークな形をしているこのドラゴンズ・ブラッドの木もそのひとつです。
 乳香、ミルラとともに、1世紀に書かれた「航海記」にドラゴンズブラッドが取引がされていた記録があり、香として焚かれてきました。中世には願い事をかなえたり、魔術に用いるマジカルな香として、ヨーロッパ、アラブの国々で高い需要がありました。

 また、古くからニスや接着剤、薬、染色、化粧料などにも使われてきました。
 香りは淡く、和菓子屋さんの前を通ったときにこんな香りが漂っているかもしれません。ミックスの香に入れると他のインセンスの効果を増すと言われています。赤い樹脂はお願いごとや祈りを届けたいとき、他の香と合わせ、焚くとよいでしょう。