ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月12日

この間、東京でも寒い日が続き、公園の林や街路樹が紅葉しています。写真は世田谷通りのイチョウ並木、世田谷線の世田谷駅の近く。
このあたりから見るのがスッキリしていていいなと思っています。緩やかに朝の光に黄色が鮮やか。
早いもので今年もあと二週間とちょっと、あわてています。

12月15日(日)、16日(月)は、地元で最大のイベント「世田谷ボロ市」があり今年も出店いたします。
430年も続く、師走の風物詩として有名な催しです。人混みで大変ですが、ぜひお寄りください。
出店場所は、第二会場の一角です。また、「世田谷ボロ市」は年明けの2020年1月15日(水)、16日(木)にも開催され、同じく出店いたします。

◯このところ「アグア・デ・フロリダ (50ccボトル)」が人気です。
 南米ペルーで作られた花の精油をもとにした香りのスプレーで、爽やか、清潔感のあるさっぱりした香りが好まれているようです。
◯変わったところではアフリカのジンバブエで作られている楽しいクラフト、「ジンバブエのカメレオン」。
 手作りのアートとしても注目されていますが、なによりもアフリカの感性でちりばめられたビーズがとても綺麗です。

ブログを更新しました。「夜の雷雲はけっこう綺麗」(9/12)、「戦前のフリーメイソン、秘密結社の本と焚書」(8/23)、「野鳥の羽を集める」(8/1)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

色絵金彩人物風景図ミルクポット

2,800円

販売価格

2,800円

購入数


 明治時代に海外に輸出された磁器です。オーストラリアの古美術店で購入し、日本に里帰りしました。当時、大量に輸出されたものの一つですが、細かな絵付けは明治の工芸ならではの器です。
 蓋があったはずですが、それは付いていません。状態は良好で、内側を見ると未使用か、それに近い器です。
ふだんの日常生活でも食器として使えます。

重さ/104グラム
高さ/約6.8センチ
本体の直径/5.7センチ