ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ミルラ<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島


 ソコトラ島(イエメン)のミルラ。学名はCommiphora kua。このミルラは、ソコトラ島だけでなく、アフリカの東の熱帯地方からザンビアにかけて、また南アラビアにも分布しています。
 切り傷、殺菌、筋肉のリラックス、抗がん、抗潰瘍をはじめとした、さまざまな薬用効果があるとされ、島の人々の重要な薬用植物です。
 ソコトラでは、ミルラは生の初めと終わり、つまり出産時、そして死の床で儀式的に焚かれてきました。
 ふつうミルラには漢方薬のような苦みがありますが、ソコトラのミルラはバルサミックな香りがするものの、苦みはほとんどありません。干しぶどうのフルーティさ、また焼き菓子のようなちょっと香ばしいような香りもします。