ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ミルラ<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島


 ソコトラ島(イエメン)のミルラ。学名はCommiphora kua。このミルラは、ソコトラ島だけでなく、アフリカの東の熱帯地方からザンビアにかけて、また南アラビアにも分布しています。
 切り傷、殺菌、筋肉のリラックス、抗がん、抗潰瘍をはじめとした、さまざまな薬用効果があるとされ、島の人々の重要な薬用植物です。
 ソコトラでは、ミルラは生の初めと終わり、つまり出産時、そして死の床で儀式的に焚かれてきました。
 ふつうミルラには漢方薬のような苦みがありますが、ソコトラのミルラはバルサミックな香りがするものの、苦みはほとんどありません。干しぶどうのフルーティさ、また焼き菓子のようなちょっと香ばしいような香りもします。