ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(乳香)<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島


 ソコトラ島(イエメン)には、ここだけにしかないフランキンセンスが幾種類かあります。これはそのひとつ、Boswellia elongata という学名をもつフランキンセンスです。
 ソコトラでは、フランキンセンスは樹脂を香として焚くだけでなく、その枝や葉も家畜を害虫から守り、家の内外に香りをつけるなどの目的で焚かれます。
 また樹脂は、ガムのように噛んで、息をリフレッシュし、歯をきれいに保つためにも使われています。
 甘いオレンジを思わす華やかな柑橘系の香り、奥にミントの葉のようなさわやかさがあります。