ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

9月18日

8月の末から、近くの樅(もみ)の樹の幹から樹脂が滲み出ています。朝の光があたると透明な樹脂はまるで水晶の雫のよう。その美しさに見とれて写真を撮りました。
  樹脂を掬い取り、乾燥させると、爽やかな森の香気を感じさせてくれる香になります。
  「香の会」でも何度かこの樅の樹脂を焚き、とても好評でした。機会があれば今年の雫も焚いて見たいと思っています。この話し、ブログにも書いています。
  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(乳香)<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島


 ソコトラ島(イエメン)には、ここだけにしかないフランキンセンスが幾種類かあります。これはそのひとつ、Boswellia elongata という学名をもつフランキンセンスです。
 ソコトラでは、フランキンセンスは樹脂を香として焚くだけでなく、その枝や葉も家畜を害虫から守り、家の内外に香りをつけるなどの目的で焚かれます。
 また樹脂は、ガムのように噛んで、息をリフレッシュし、歯をきれいに保つためにも使われています。
 甘いオレンジを思わす華やかな柑橘系の香り、奥にミントの葉のようなさわやかさがあります。