ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

8月7日

◯梅雨明けから連日、気温35度、湿度70%の天気が続いています。くれぐれもお体、ご自愛ください。

◯上の写真、近くのクヌギ公園のアキニレの大樹の幹。
アキニレは一見、ケヤキに似た木ですが、鱗のような樹皮の形はケヤキの樹皮よりも丸っこく、簡単に剥がれます。
ジグゾーパズルの断片みたいで、中には地図の琵琶湖や栃木県や渋谷区のような形をしてるのもあって面白い。エッシャーの版画にもそんな図柄ありました。
黒々とした模様は、強い日差しを受けた葉の影。細い枝がときどき風に揺れて影が動く。そういえば、今年は蝉の数が少ないように感じます。真夏なんですね

ブログを更新しました。「野鳥の羽を集める」(8/1)、「バングラデシュのブーゲンビリア」(7/11)、「下谷「坂本富士」のお山開き」(7/2)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

源内焼(1)

10,000円

販売価格

10,000円

購入数


江戸時代、平賀源内の指導により讃岐(香川県)で作られた源内焼「三彩鳳凰六角小皿」です。
200年ほど前に作られた本物でレプリカではありません。

それまでの日本の焼き物の伝統とは全く異なる源内の趣向で作られています。陽刻といって浮き彫りの装飾や図柄、三彩といって多色の釉薬による色ずけ(三色には限らない)、六角形の形状などユニークな焼き物で、実用品として作られたというよりは、愛でて楽しむ鑑賞品であったといわれています。

小さな皿ですが、気になるような破損などはなく、比較的状態のいいものです。
長い歳月を経てきたものであり、経年変化、汚れ、小さな傷などついています。

平賀源内は、江戸時代中期の本草学(当時の薬学)や蘭学、博物学などの学者で、科学者、発明家、作家(戯作、浄瑠璃)でもあった特異な人物。

重さ/36グラム
幅/7.5センチ